銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

新生銀行の法人融資 事業資金ビジネスローン借入

コーポレートローンのプロジェクトファイナンスとは

新生銀行の法人向け融資・借入・事業資金調達サービスをチェックすると、かなり多彩なビジネスローンがあります。

事業資金調達はもちろん、同時に多面的なサポートが得られるのも魅力となっています。

融資プランはコーポレートローン・シンジケートローン・ローンアレンジの3種類から選ぶことができます。

コーポレートローンは、短期・長期・外貨建てと、細かな条件設定が可能なローン対応を行ってくれますので、中小企業の方にとってはとても利便性が高いのです。

新生銀行の法人融資はプロジェクトファイナンスといって、自社の事業収益やキャッシュフローを返済原資にあてるファイナンスシステムになっています。

また融資先には、その事業に専門性のあるスタッフが各種アドバイスを行う点がメリットで、より成功率の高い事業展開が期待できるでしょう。いわゆる経営コンサル的なサポート効果が得られるということになります。

また、再生可能エネルギー分野へもファイナンスを行っています。太陽光発電(メガソーラー)や風力発電、バイオマス発電に地熱発電といった事業に、新生銀行が最も強みを持つプロジェクトファイナンスを提供しています。

新生銀行のシンジケートローンのメリット

新生銀行が他の複数の金融機関と組み、ある企業・事業へと融資を行うサービスがシンジケートローンです。

現時点では多くの大手銀行がシンジケートローンを設定しています。どのシンジケートローンも多額の事業資金を集めることが可能ですので、思い切った事業展開が可能になるメリットがあります。

また、複数の金融機関と信用関係を築けることも大きな力になるのです。

新生銀行は、大手銀行の強みを生かしたアグレッシブな組織結成が可能ですから、企業にとって利用価値が高いと言えるでしょう。

新生銀行のローンアレンジとは

新生銀行が顧客の委託に基づき、希望する条件の融資を行ってくれる貸出先を探し、ローン設定をサポートするシステムです。基本的に新生銀行が提供する融資プランが不適切でも、個々の希望する条件で借り入れが可能な手段と言えるでしょう。

その他にもベンチャー企業向けのファイナンスもありますし、不動産ノンリコースファイナンスや買収ファイナンスも用意されています。

多様な事業資金調達向けの金融プランが提供されていますが、新生銀行ビジネスローンの強みは資金ニーズに合わせた融資メイキングだと言えるでしょう。

これから起業するケースでも、または事業拡大や業績回復プランでも、それぞれの事情に合わせた的確なプランと専門家によるアドバイスのもとでアプローチできる点が利点なのです。

 

[記事執筆時の情報(銀行)]

 

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 埼玉の企業を支援!銀行ビジネスローンとノンバンクで即日融資借入 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.