銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

愛知銀行法人融資 事業資金ビジネスローン借入

愛知銀行の当座貸越「L.L」は中小企業でも事業資金を随時借入可能

銀行から事業資金の融資を引き出す手段には当座貸越・商業手形割引・手形貸付・証書貸付の4種類があります。商業手形割引・手形貸付・証書貸付は銀行主導で返済日が決められてしまいますが、当座貸越は銀行との間で一度限度額を設定すると、融資を受ける事業者側で返済日や返済額を自由に決められる事業者にとっては何ともありがたい借入方法です。

銀行側からすると不安材料のいっぱいつまった融資手段になりますから、通常はよほどの優良企業でない限り当座貸越は利用させてもらえません。

ところが愛知銀行の当座貸越「L.L」は商売繁盛を大きく応援、限度額5,000万円以内であれば原則担保も必要なく、個人事業主であっても利用できるのです。

当座貸越「L.L」とは

愛知銀?に当座預金口座を持ち、信用保証協会の保証を受けられる法人または個人事業主が対象です。融資限度額は100万~2億8,000万円の範囲で設定します。契約期間は1~2年ですが、期間中であれば当座預金に残高が不足していても銀行に立て替えてもらうことができます。

当座貸越「L.L」を利用すれば1回の借入ごとに印紙代を負担する必要はありませんから費用の節約にもなります。当座預金口座に顧客からの入金があった時点で銀行に対して随時弁済ができますので、通常の融資よりも利息が軽減されます。

代金回収が事業開始よりも後になることは多々ありますし、1回でも不渡り手形を出してしまうと経営状態が悪いという評判が立ち経営が難しくなりますので、当座貸越「L.L」はとてもありがたい資金調達手段です。

法人の場合、法人代表者のみが連帯保証人となれば良いので第三者を煩わせずに済みますし、個人事業主であれば連帯保証人の必要もありません。

新長期栄ローン

最大融資額1億円、返済期間最長25年の長期融資で、新しい設備の購入や新規事業の立ち上げを力強くサポートしてくれるプランです。申込をする時に20~65歳で、完済時の年齢が70歳以下、かつ団体信用生命保険に加入が可能な個人事業主もしくは従業員20人以下の法人代表者が対象です。

最長2年間の据え置き期間を設定でき、事業立ち上げ当初は利息の支払いのみとすることができますので、新規事業をスムースに発展させていくことができます。不動産などの担保が必要になりますが、ここ一番の大きな勝負に出る際には活用したいプランです。

事業者カードローン「セイフティ」

愛知銀行には、サラリーマンなどが便利に利用している消費者金融ローンの事業者版、専用カード1枚で100万~2000万円まで、あらゆる用途の事業資金調達に利用できる便利な融資もあります。

愛知銀行が委託する信用保証協会の保証を受けられれば、法人でも個人事業主でもカードを作って日々の資金調達に手軽に利用できます。

 

[記事執筆時の情報(銀行)]

 

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 埼玉の企業を支援!銀行ビジネスローンとノンバンクで即日融資借入 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.