銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

関西アーバン銀行法人融資 事業資金ビジネスローン借入

関西アーバン銀行ビジネスアシストローンで資金調達、不況を乗り切る

日本が好景気に沸いたバブル経済がはじけて早数十年、中国旅行者のバク買いで一部持ち直した企業がある一方で、いまだ不景気の波に揉まれながら頑張り続けている中小企業があります。

関西アーバン銀行のビジネスアシストローンには無担保タイプと有担保タイプがあり、どちらの融資を利用するとしても財務診断カルテをサービスで付けてもらえます。

不況を乗り切る資金と知恵を同時に手に入れられる魅力的な資金調達手段と言えるでしょう。

ビジネスアシストローン(無担保型)とは

営業歴が3年以上で関西アーバン銀行と取り引き可能なエリアに自宅か事業所があり、申し込み時に未納分の税金がない法人と個人事業主が対象です。法人の場合は、最新決算期に債務超過がなかったことが条件として追加されます。

原則3営業日以内のスピード審査で、法人なら最大3000万円、個人事業主でも最大2000万円まで無担保で融資が受けられます。証書貸付型の融資で、返済は元金均等方式、運転資金や設備資金などの事業資金として幅広く活用できます。

法人の場合は法人の代表者1名が保証人になればよいので、連帯保証人を頼む必要がありません。提出書類は最新3期分の決算書類、最新決算期の納税証明書、発行後3カ月以内の商業登記簿謄本、法人代表者の本人確認書類です。

個人事業主の場合は本人確認書類と直近2年分の確定申告書B、最新決算期の納税証明書を準備します。

買掛金(ツケ)で支払うよりもビジネスアシストローンを使って現金で仕入れた方が仕入れ値が安くなって、コストダウンできることもあります。ビジネスアシストローンを使って店舗や機械設備を一新すれば、新たな受注を呼び込む可能性もあります。

ビジネスアシストローン(有担保型)とは

ビジネスアシストローン(無担保型)と条件は同じですが、不動産を担保とすることで不動産の評価額の100%まで借入が可能になります。融資上限は法人の場合が3億円、個人事業主でも5000万円までの借入が可能ですから、いざという時に役立ちます。

安定的な資金調達に役立つ流動資産担保融資制度

流動資産担保融資制度とは、英語ではAssetBasedLendingと言い、事業者の資産を基にして銀行が融資を行う制度です。所有する不動産の価値や預貯金額が十分ではなかったとしても、自分の会社の製品または売掛金を担保に銀行からの資金調達を可能にします。

さらなる設備投資や材料費の仕入れのための事業資金調達が容易になると期待されていますが、実施している金融機関はそう多くはありません。

関西アーバン銀行の流動資産担保融資制度では、関西アーバン銀行か銀行指定の保証協会に棚卸資産や売掛債権を担保として譲り渡して、事業資金の借入ができます。一般型では棚卸資産を保有している中小企業が対象で、当座貸越か手形貸付で借り入れ、随時弁済も可能です。

 

[記事執筆時の情報(銀行)]

 

即日融資も可能性あるビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

即日融資は難しいが銀行で実行が早いビジネスローン

融資審査の申込⇛

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 埼玉の企業を支援!銀行ビジネスローンとノンバンクで即日融資借入 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.